2009年11月08日

お手当て(食養生)

激動の日々がすぎ、ほっとしたら喉が痛くなりました。

そんな時、まずはお手当てをしてみるあびです。

頼りにするのはたいていこの本。

からだの自然治癒力をひきだす食事と手当て


そしてこの本。
おばあちゃんの手当て食

あと具合が悪くない時から、普段参考にしているのがこの本。
からだの自然治癒力をひきだす「毎日のごはん」



ちなみに今回の喉の痛み、のど飴や梅蜂蜜は効かず、塩番茶うがい&黒豆の煮汁でスカッと治りました。

お手当ては、ちょっとの不調のとき、試してみる価値はありますよん。
選択肢の一つとして、ね。

医療エンゲル係数が下がるにこしたことはないですわ(^^


・・・私は食いしん坊なので、食べて治るなら一石二鳥じゃん♪とか思っていることも付け加えておきましょう(笑)


posted by あびあびーと at 07:50| 埼玉 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 愛する本たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
インフルエンザが流行っているから・・・
ちょっとの風邪で病院に通い、菌を貰ってくるのもいやだしねえ。。。

うちも夫が仕事柄、薬が嫌いで、自然治癒力で治す派です。
夫も2、3日前から喉が痛くてガラガラ声。
蕎麦蜂蜜が咳に利くと聞いて、紅茶に入れて飲んだらすっかりよくなりました〜。

温暖の差が激しいから、お互い体調悪化しないようにしましょー。

Posted by ゆー at 2009年11月08日 10:50
確かにお手当てってためすのワクワクしますよね。おばあちゃんの手当ての本私も今ほしいと思ってます。
Posted by YUMI at 2009年11月08日 19:38
素敵だわ〜
最近、感冒セットに甘えてばかりだわ(苦笑)
Posted by kazu・pon at 2009年11月09日 06:29
##ゆーさん
男性のほうが薬を頼みにする人が多い気がするけど、旦那様いいね〜。
そば蜂蜜が喉に良いとは知りませんでした。
前に売っているのを見て、濃ゆい色に驚いたことが(^^

##YUMIさん
そうワクワクがいいのよ〜。
おばあちゃんの手当ては、とっつきやすくてさっと見られる本かな。
なにか1冊手元にあるといいですよん。

##kazu・ponさん
感冒セットがなくなりそう、というのもあって、お手当てしなきゃと復活しているのさ。
冬に向けて防御体制整えなくっちゃ。
Posted by あびあびーと at 2009年11月09日 07:37
鯛焼きも、みたらしもとってもおいしそう!
はったい粉入り、どんな味だろう!?

上記の2冊は、私も普段お世話になってますよ〜。
先日はちょっとせきが出て、蓮根くず湯でお手当てしました。
普段の食事、今悩んでいるところなのです。
あびさんが参考にされている「毎日ごはん」今度みてみます!


Posted by りんご at 2009年11月11日 05:42
##りんごさん
はったい粉いりは、だんご自体が香ばしい感じ。
ただ見た目地味〜です。

今回蓮根葛湯にしようか迷ったんです。
娘も鼻を出してるので、蓮根は料理にしてみました(^^

普段の食事は、粗食でありまして。。
料理を忘れそうです(^^;
Posted by あびあびーと at 2009年11月11日 07:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。